アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダとは?

アーユル ヴェーダはWHO世界保健機構認定の5千年以上前から
語り継がれるインドやスリランカの伝承医学です。
西洋医学が病気の症状を取り除く治療医学であるのに対し、
アーユルヴェーダはより健康に、長寿や若さを保つことを目的とした
予 防医学です。
自分本来の自然治癒力を最大限に引き出す術であると同時に、
究極のアンチエイジングや美容法でもあります。

アーユル ヴェーダでは宇宙に存在する全てのものが
5つの元素【空・風・火・水・地】から成り立っていると考えられています。
この5つの元素により形成される、ドーシャと呼ばれる3つの
【ヴァータ】、【ピッタ】、【カパ】という組み合わせによって、
私たちの体質が決定すると言われています。
【ヴァー タ】、【ピッタ】、【カパ】の3つのバラ ンスが取れている時、
人は健康で自分らしさを発揮することが出来ると言われ、
バランスが崩れると様々な病気を引き起こすと考えら れています。

ドーシャチェック

はじめに自分本来の本質(ドーシャ)を知りましょう。

本質とは、本来のその人の状態ということです。

3つのドーシャ(ヴァータ、ピッタ、カパ)はバランスが保たれているのが理想ですが、
生活環境や年齢、季節によって日々変化します。
自分本来の体質に気づかないまま、ドーシャが過剰に偏ってしまうと心や体を崩してしまいます。
過剰になったドーシャを鎮め、バランスを取り戻す事で健康や美を維持出来るという考え方です。

ヴァータ【空と風のエネルギー】

型にはまらず、素早く動く性質。想像力が豊かで理解が早く順応性が高い特徴があります。
アンバランスになると気分が移り変わりやすく、緊張や不安、ストレスを受けやすくなります。
頭痛、腰痛、便秘、冷え、乾燥、不眠の症状など。

ピッタ【火と水のエネルギー】

チャレンジ精神が旺盛で勇敢なリーダータイプ。知的で情熱的。
アンバランスになると批判的になり、怒りっぽく見栄っ張りになります。
汗っかき、湿疹、胃腸の病気、アルコール依存症など。

カパ【土と水のエネルギー】

慈愛に満ち、献身的で穏やかで寛容です。
風並の立たないことを好み、辛抱強く落ち着いています。
アンバランスになると怠惰で大雑把になり、活動する意欲がなくなり、
抑鬱状態になりやすくなります。
むくみ、鼻炎、喘息、肥満など。